2017年11月19日 (日)

お待たせしました・・・!

今年も帰って来てくれましたよ~!

地元の子供たちが心待ちにして居た鶴達が帰って来ました!

小太郎と散歩中に偶然出会いました。

遠くからコンデジでの撮影でしたから無理にズームしての撮影でしたから

おおボケでしたが飛来して来てくれた証拠の画像です!

IMG_9455 IMG_9456

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

四万十市が自慢できる紅葉のスポット・・・

昨年は機会を逸して訪問出来なかった四万十市の紅葉のスポット「黒尊渓谷」に

久し振りに行って来ました。

まぁ~奥屋内の友人に会う事が主な目的なんですがね!

紅葉は少し遅すぎたのか、

「神殿橋」の上から下の滝を撮影するのが好きなんですがかなり枯葉になっていました。

友人と会えて新鮮な野菜を頂いたこと、小太郎とドライブできたことで満足な一日でした。

IMG_0400 IMG_0403 IMG_0404 IMG_0410

IMG_0387 IMG_0392 IMG_0424 IMG_0427

| | コメント (0)

2017年11月 2日 (木)

家族・・・!

今の自分の唯一の家族・・・

それは今月で満5歳になる柴犬の小太郎・・・

生後68日で我が家に来てくれて4年と10ヶ月

その間に公私共に色々ありましたがいつも癒してくれたのはこの子でした。

主治医の指示を守り毎日最低30分以上の散歩を継続できて居るのは今は亡き黒兵衛と

小太郎のおかげです。

先日、自分の不注意で足を怪我しましたが一番の被害は小太郎でした。

日課の散歩も自分が歩き難いから近距離で済ませていましたから小太郎には不満だったと思います。

これからは注意して自分が健康で元気で居て、この子が寿命を全うするまで一緒にいてやらなければと

強く思った次第です。

私のたった一人の家族「小太郎」です!

ちょうど夕日が当たって「黄金の犬」でしょう・・・!

IMG_9419  IMG_9421  IMG_9422

 

| | コメント (2)

2017年9月30日 (土)

今月も最後の日となりました・・・

歳と共に日が過ぎ去るのが何と早く感じられる事でしょうか・・・

自分の動きが遅くなる分、過ぎる時間が早くなるのでしょうか?

どんなに頑張っても今まで生きて来た半分も生きる事は出来ません!

先日テレビで100歳を超える人が凄く増えていると言って居ましたが、

それは無理でしょう!

残り短い人生ですから諍いの無い穏やかな毎日をと望んで居ます。

誰しもそうですが若い時は短気で諍いも多かった人でも、こんな歳になりますと

出来るいっぱい我慢して争いも穏便に回避して穏やかに暮らしたいと願うでしょう・・・

今年も残すところ3ケ月です!

念願の古民家を見つけて一日も早く引っ越して、大雨や津波や台風を恐れる生活にも別れを告げ

良きにつけ悪しきにつけ約30年の想い出を刻んだ家から引っ越して終活の人生を小太郎と二人で

静かに過ごせるように今年中には実現する心算で頑張って探して居ります!

画像は秋の花を愛でながら小太郎と夕方の散歩を楽しむ一コマです!

IMG_9356 IMG_9365 IMG_9366 IMG_9368

IMG_9358 IMG_9359 IMG_9361 IMG_9372

IMG_9337 IMG_9329 IMG_9331 IMG_9333

| | コメント (0)

2017年9月22日 (金)

毎日の散歩が楽しみとなりました・・・

ついこの間までは散歩に出発する前には道路の表面温度を計ってから出発でした。

 

秋の気候となって夕方も17時前には散歩できる温度に下がります。

 

道中にはあちこちに季節を感じさせてくれる曼殊沙華の花が咲いています。

 

「はなし、はななし」と言われる通り茎の先に派手な花が咲いている曼殊沙華ですが

 

毎年写真を撮りに行く入田の河川敷はまだ早そうです!

 

伊才原の群生地も気になるし、そうかと言って三原の星が丘も気になっています。

 

でも明日は我が家で教室の仲間のYさんのオニューのパソコンのセットアップ作業や

 

教室で必要なソフトのインストールやリカバリーディスクの作成などやります。

 

土曜日には教室まで取りに来られるそうですから明日中に仕上げておかなければ・・・

 

秋の花達の撮影は日曜日に楽しむ事にしましょう!

 

 

次の画像は25年に撮影したものです    
入田の河川敷や伊才原の群生地です!今年も再びと願っていますが…

 

IMG_1970 IMG_1972 IMG_1978 IMG_2003

 

IMG_2043 IMG_2049 IMG_2055 IMG_2057

 

画像加工で遊んでみました・・・

 

kotarou1 kotarou2

| | コメント (2)

2017年9月 9日 (土)

ホームページのRINK欄を整理しました!

先日は久し振りに教室のホームページをチェックし仲間のブログの一覧を掲載しております
RINK欄の整理をさせて頂きました。

これが先日までのRINK欄です!

RINK1

退会された仲間たちのブログもそのまま掲載しておりましたが今回はご本人から掲載を頼まれている
方達はそのまま残して、その他の方々は削除させて頂きました。
本来は在籍者のみ掲載するページですのでご勘弁願います!

そして整理させて頂いたNEW RINK欄です!

RINK

在籍者でブログ管理者の皆さんは是非記事の更新を継続されまして
多くの皆様方にアクセスして頂けます様にご協力をお願い致します。

| | コメント (0)

2017年8月11日 (金)

発表が遅くなってしまいました…

みんなで作った暑中見舞い状のデジブック化が遅くなってすみませんでした。

発表しましたので確認して下さい!

毎日厳しい暑さが続きます

家の中で居ても熱中症で救急車のお世話になる人も沢山いらっしゃいます。

水分補給欠かさないで、そして今はエアコンのお世話になりましょうね!

毎週、皆さんと元気でお会いできることに感謝!

 

| | コメント (0)

2017年6月29日 (木)

時計草

以前、亡き妻と一緒に衣料品の営業をやって居た頃
夏休みの時期だけ「移動のかき氷屋」をやって居ました。
其の当時のお客様のお家に時計の様な花がいっぱい咲いて綺麗だったので
1本分けて頂きました。
その時に「これを植えたら後悔するよ~」って言われましたがそれを実感するのは
何年も経ってからの事でした。
本当に羨ましい位生命力が強く、もぅ絶やす事が出来なくなってしまいました。

花だけ見ると可愛いし綺麗です。
種類によっては実が食用の物もあるそうですが・・・

でも、この花の可憐さや、可愛さについつい植えてしまわない様に気を付けて下さいね!

IMG_9142 IMG_9143

高知県動物愛護推進員を委嘱されました。

小太郎と余生を過ごしながら四万十市の皆様に犬や猫の遺棄や虐待が罪になる事を
広報する事が自分の任務です。
以前は自分も知りませんでしたが「動物愛護管理法」でかなり厳しい罰則が規定されています。

愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると、懲役や罰金に処せられます。

愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
→2年以下の懲役または200万円以下の罰金
愛護動物に対し、みだりにえさや水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
→100万円以下の罰金
愛護動物を遺棄した者
→100万円以下の罰金

知らないで罪を犯す市民が出ない様にお手伝いが出来れば幸せです!

同時に罪無き小さな命が無残にも奪われる事が無いようにお手伝いしたいと思っています。
これからもよろしくお願いします。

IMG_0040FB

 

| | コメント (0)

2017年6月 5日 (月)

小太郎と共に・・・

この動画を見てこれが自分が選ぶ生活かなと思いました。
お互いを必要としながら寄り添って共に生きていく人と動物
言葉は通じなくても、共生できることの証ではないでしょうか…

IMG_9118 IMG_9126 IMG_9130

高知県物部村で暮らす老人と愛犬マツの
心温まる動画をご覧下さい。
TVでも放映された動画ですから見られた方もいらっしゃるとは思いますが…

| | コメント (0)

2017年5月24日 (水)

皆さんは知っていましたか・・・?

 許可なくツバメの巣を撤去→1年以下の懲役or100万円以下の罰金

main出典:song4u.blog.so-net.ne.jp
許可なくツバメの巣を撤去すると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科せられるということをご存じでしたか?これについて、日本野鳥の会が5月9日に発表したツバメに関する調査結果と併せてご紹介します。

ツバメの巣を落とす人の割合…都市部は農村部の7倍
調査結果によると、ツバメが子育てに失敗した原因の約8%は「人」によるものだそうです。フンが汚いといった理由から、ツバメの巣を撤去するケースが増えていると考えられています。そして、人が巣を落としたりしてツバメの子育てを妨げる割合が、都市部は田舎部の約7倍高いことが分かったそうです。
688279b8155785ef3ea3818dbf8362b9_R出典:blogimg.goo.ne.jp
また、1つの巣から巣立つヒナの数が、農村部では平均4.3羽であるのに対し、都市部では平均3.9羽だそうです。巣立ちヒナ数が4羽に満たない場合、生存率を元に試算すると、将来的に個体数が減少する恐れがあるとされています。
許可なく巣を落とすことは、鳥獣保護管理法違反
許可を取らずに、卵やヒナが中にいる巣を落とすことは鳥獣保護管理法で禁じられています(厳密にはツバメの巣に限らない)。違反した場合の罰則は重く、「1年以下の懲役または、100万円以下の罰金」とされています。
ツバメが、カラスなどの天敵を避けるために考えた子育て手法が、人間の懐に入ることです(巣作りに格好の場所として商業施設や公共施設を選ぶ)。人間もツバメからしてみれば天敵となってしまうこともあります。しかし逆に言えば、そうまでして、種を存続させるために頑張っているのです。
ヒナが成長して巣立つまでの期間くらいは、そっと見守り、応援したいものですね!

20120711_0154_R

自分たちが子供の頃はもっとたくさんのツバメが居たような気がします。
田舎ではツバメが巣を作る家は火事が無いと信じられていました。
ツバメ達も安全な家ということを本能で感じていたんでしょうかね~

| | コメント (0)

«新しい出発の日です・・・!